遊べる糸魚川駅!プラレール、ジオラマ、キハ52展示

北陸新幹線開業に伴い、新しくなった糸魚川駅。
この駅はここだけでも一つの観光地になりそうな駅です。
n012
来るぞ来るぞ~!来た~!!速い!
n009

2015年3月14日、入場券を買って新幹線のフォームに入り、新幹線を間近で見てきました。
たくさんの人の想いが詰まった高速の乗り物が目の前にあると思うとそれだけで感動します。
一緒に行った子供もその速さに感動!

スポンサーリンク

北陸新幹線を見に、糸魚川駅に行ってきました

見たのはもちろん「はくたか」です。北陸新幹線の新潟県内停車駅は、「上越妙高駅」と「糸魚川駅」で、上越妙高駅のほうが駅の規模としては大きいのですが、遊びに行くなら糸魚川駅がおすすめです。

糸魚川駅は通路をあがると駅構内にプラレールが展示されていました。
新幹線「はくたか」が走っているではありませんか!?
n011

プラレールと糸魚川駅がコラボして思い出レールというものを展示するために、昔使ったレールに思い出をマジックなどで記入して、投函するというキャンペーンをやっていました。

n010


≪上越妙高駅 住所≫

住所:新潟県糸魚川市大町1丁目7番10号
電話番号:025-552-0329


まだまだあるぞ!プラレール、ジオラマ、キハ52

非常にのどかな風景の中にある北陸新幹線停車駅、糸魚川駅。
冒頭、この駅だけで観光地になりそうとお伝えしましたが、その理由をお伝えしたいと思います。

n013

まずは駅の入口向かって左側にあるキハ52の展示ゾーン。
この電車、内部にも無料で入れて見学も可能です。

n014

昔懐かしい座席。匂いもなんだか懐かしい香りがします。

n015

n016

その更に左に併設されるのは、広いジオラマ&プラレール展示ゾーンです。
こちらも入場は無料ですが、ジオラマの運転体験!?は500円かかりました。

n017

n018

ここでも、北陸新幹線が走っている!「かがやき」かな?「はくたか」かな?

また、こちらにはジオパーク情報発信センターも隣接していて、駅と通路で繋がっています。
そこには大きな滑り台やトリックアート、ロッククライミング(子供用)などもあり、非常に子供が楽しめる駅になっています。

もちろん大人の鉄道ファンにもたまらない駅ですね!
日本全国の中でも、こんなエンターテイメント性の高い駅は珍しいのではないでしょうか。

食事などは駅の外に出ないとお店などがありませんが、是非、一度足を運んでみることをおすすめしたい駅ですね。